お知らせ   facebook
裁判情報 弁論期日 9月18日(月)10:30@東京高裁825法廷(第5回) 旧ソ連(グルジア(ジョージア)領)出身無国籍 難民事件
2019.7.18 当会世話人の児玉晃一弁護士のコメントが西日本新聞の記事に掲載されました。 (記事)「サニーさんの死なぜ 大村入管のナイジェリア人 収容3年7ヵ月」 西日本新聞(2019年7月18日)
2019.7.17 当会の要望書が朝日新聞と毎日新聞の記事でそれぞれ引用されました。 
(記事)「成田でスリランカ人だけ難民申請確認 支援者「出身国による差別」と反発」毎日新聞(2019年7月17日)

(記事)「成田入国、スリランカ人だけ「確認票」 難民申請減目的、支援者は批判」朝日新聞(2019年7月17日)
(記事)「スリランカ人の成田入国に確認票 「虚偽なら不利益も」」朝日新聞(2019年7月16日)
《参考》  全難連「スリランカ出身庇護希望者の港湾等における取扱いに関する要望書」(2019年6月18日)
2019.7.1 東京弁護士会より外国人の収容に係る運用を抜本的に改善し、不必要な収容を直ちにやめることを求める会長声明(外部リンク)が出されました。  「声明/提言等」ページへ
2019.6.27 福岡難民弁護団より大村入国管理センターでのナイジェリア人の死亡事故についての声明が出されました。 「声明/提言等」ページへ
2019.6.18 全難連より「スリランカ出身庇護希望者の港湾等における取扱いに関する要望書」を発表しました。 「声明/提言等」ページへ
2019.6.7 石橋通宏議員(立憲民主)の「難民認定状況に関する質問主意書」に対する政府の答弁書が出されました。 「国会関連」ページへ
2019.6 当会代表が渡邉彰悟弁護士および当会世話人の浦城知子弁護士の執筆がMネット204号に掲載されました。 
特集:追いつめられる難民申請者 移住連『Mネット』204号(2019年6月)
  弁護士 渡邉彰悟「追いつめられる難民申請者」
  弁護士 浦城知子「深刻化する難民申請者の収容・仮放免をめぐる問題」
2019.5.15 当会代表が渡邉彰悟弁護士のコメントが毎日新聞の記事で引用されました。 (記事)「難民、受け入れたくない?日本 クルド人長期収容、息子ら「帰ってきて」」毎日新聞(2019年5月15日)
2019.5.6 当会世話人の大橋毅弁護士のコメントがハーバー・ビジネス・オンラインの記事に掲載されました。 (記事)「難民申請が認められず無期限収容、精神崩壊まで追い詰められたクルド人男性」 ハーバー・ビジネス・オンライン(2019年5月6日)
2019.4.19 糸数慶子議員(沖縄の風)の「未成年者の難民認定申請及び入国管理局の収容施設の被収容者等に関する質問主意書」に対する政府の答弁書が出されました。  「国会関連」ページへ
◆ その他の「お知らせ」
 難民保護に関する主な動向
2019.6.24 大村入国管理センターで被収容者が死亡する事件が発生しました。 (参照)「声明/提言等」ページ 福岡難民弁護団「大村入国管理センターでのナイジェリア人の死亡事故についての声明」(2019年6月27日)
2019.5.16 難民審査参与員の構成が更新されました。  難民審査参与員一覧(法務省ウェブ)
2019.4.26 法務省ウェブで「出入国在留管理基本計画」が発表されました。  「出入国在留管理基本計画の策定について」法務省ウェブ
2019.4.12 法務省ウェブにオーストラリア外務貿易省の出身国情報レポート訳文が13か国分について掲載されました。  「豪州外務貿易省報告」法務省ウェブ
2019.3.27 法務省入国管理局より「平成30年における難民認定者数等について」「平成30年における外国人の上陸拒否について」「平成30年における入管法違反事件について」が公表されました。
2019.3.21 難民審査参与員の構成が更新されました。 
2019.3.11 難民審査請求手続の別記第7号の2様式が変更されました。 (参照)「声明/提言等」ページ 全能神難民弁護団「東京入国管理局における難民審査請求手続の運用に係る申入書」(2018年12月12日)
2019.3.8 法務省入国管理局より「難民認定申請をすれば日本で就労できるというものではありません(各国語版)」が公表されました。
2019.3.5 東京地裁民事38部のトルコ・クルド難民一家6人の在特不許可取消事件で、本人尋問後に在留特別許可を受けて訴訟を取り下げていた子ども2人を除く4人ついて、請求が棄却されました。
 ◆ その他の「難民保護に関する主な動向」
 
 
 更新情報
 
 
会員専用ページへ
難民保護テーマ別資料
 
開示出身国情報ページ
 
難民保護テーマ別資料
 
全難連へのご加入について
 全難連は,難民を支援する弁護士のネットワーク団体です。弁護士等からの会費により運営されています。全難連会員への加入をご希望される方は,氏名・所属・E-MAILアドレスを添えて,《全難連事務局》までお申込みください。
 全難連には、支援者や研究者などの弁護士以外の方向けのホームページ会員がございます。ホームページ会員は、 ウェブ上の会員専用ページやデータベースをご利用いただけます。
 全難連加入についての詳細は、「全難連とは」ページをご参照ください。
 全難連メーリングリスト(無料)への参加のご案内
 全難連では,だれでも参加できる無料の一般メーリングリスト(全難連ML)を運営し,弁護士やNGO関係者,研究者,難民問題に興味を抱いている多方面の方々にご参加いただいて,難民問題に関する情報共有などを行っております。
 全難連MLへの参加を希望される方は,氏名・所属・E-MAILアドレスを添えて,《全難連事務局》までお申込みください。
 
 
 
 
難民とは 全難連とは お問い合わせ リンク
zennanren since 1997
難民法
国会関連
統  計
国情報
判  決
Japan Lawyers Network for Refugees
声明/提言等
難民ニュース
全国難民弁護団連絡会議
JLNR