お知らせ 
2017.9.29 全難連設立20周年記念講演会及びパネルディスカッションのご案内
講演:「グローバル化する国境管理と難民の保護〜世界の中の日本/日本の中の世界」 阿部浩己氏(神奈川大学法科大学院教授、難民審査参与員)
パネル:阿部浩己氏、石川えり氏、渡邉彰悟弁護士、難波満弁護士
日時: 2017年10月28日(土) 13時~16時半 ※16:35~17:05に年次総会を開催
場所: 日本福音ルーテル社団(JELA)1階ホール
主催:全国難民弁護団連絡会議  後援:一般社団法人日本福音ルーテル社団
2017.9.25 全難連より麻生太郎副総理の発言に対する抗議声明を発表しました。 「声明/提言等」ページへ  
2017.9.25 下記の通り、拡大版緊急記者懇談会を開催します。
日時:9月28日(木) 午後6時15分
場所:岐部ホール310
内容:①難民審査参与員の問題ある言動について(進捗)、②ロヒンギャ難民の状況について、③その他、④意見交換・質疑応答
2017.9.13 全難連による難民審査参与員制度に関する申入れ等について、複数の報道機関で報道されました。
暴行被害の女性に「美人だからか」…難民審査で 読売新聞(2017年9月13日);「美人だったから?」発言 全難連が難民審査の改善要請 朝日新聞(2017年9月13日);難民申請者に「不適切発言」 弁護団が法務省に改善要求 NHK(2017年9月12日);難民認定審査制度の抜本改善を 参与員問題発言で申し入れ 共同通信(2017年9月12日);Lawyers’ group petitions ministry to improve attitudes of refugee counselors following alleged inappropriate remark Japan Times(2017年9月12日);難民認定審査めぐり支援弁護団が法務省に是正要求 テレビ朝日(2017年9月12日);難民申請者に不適切発言、参与員制度の改善申し入れ TBS(2017年9月12日);難民審査で「あなたは難民としては元気すぎる」!?~難民審査参与員の問題事例が全国難民弁護団連絡会議に多数報告される――同会が改善求め法務省に申入書を提出 IWJ(2017年9月12日)
2017.9.12 全難連より法務省入国管理局に対して難民審査参与員制度に関する申入れを行いました。 「声明/提言等」ページへ
《参考》 難民審査参与員の問題発言・行動に対する申入書
  難民審査参与員 問題のある言動 実例集
  2017年9月1日付け申入書
2017.9.11 全難連が、難民審査参与員の問題ある発言について、緊急記者会見を開催します。
日時:9月12日(火) 午後3時15分
場所:東京地方裁判所内 司法記者クラブ
内容: 先日の「美人だから」発言について; 難民審査参与員の事例について; 当会から法務省入国管理局への申入れについて; 意見交換・質疑応答
2017.9.1
(2017.9.5更新)
当会世話人である小田川綾音弁護士のコメントが朝日新聞と共同通信の記事に掲載されました。「「美人だったから狙われた?」 難民審査で不適切な質問」朝日新聞(2017年9月1日更新);「難民審査 強姦被害者に「美人だから?」 弁護士が抗議」共同通信 via 毎日新聞(2017年8月31日);「難民審査参与員、性犯罪被害者に不適切発言か」TBS(2017年9月1日)
2017.8.22 日弁連人権擁護委員会編『難民認定実務マニュアル・第2版』が現代人文社より8月30日付けで発刊されました。 
◆ その他の「お知らせ」
 難民保護に関する主な動向
2017.9.13
(2017.9.25更新)
難民審査参与員の問題言動について、更に広範に報道されました。
《参考》 女性難民の審査で不適切発言 上川法相「誠に遺憾」 NHK(2017年9月22日)
  難民審査員の「美人だったから?」発言 法相が「遺憾」 朝日新聞(2017年9月22日)
暴行被害の女性に「美人だからか」…難民審査で 読売新聞(2017年9月13日)
  「美人だったから?」発言 全難連が難民審査の改善要請 朝日新聞(2017年9月13日)
  難民申請者に「不適切発言」 弁護団が法務省に改善要求 NHK(2017年9月12日)
  難民認定審査制度の抜本改善を 参与員問題発言で申し入れ 共同通信(2017年9月12日)
  Lawyers’ group petitions ministry to improve attitudes of refugee counselors following alleged inappropriate remark Japan Times(2017年9月12日)
  難民認定審査めぐり支援弁護団が法務省に是正要求 テレビ朝日(2017年9月12日)
  難民申請者に不適切発言、参与員制度の改善申し入れ TBS(2017年9月12日)
  難民審査で「あなたは難民としては元気すぎる」!?~難民審査参与員の問題事例が全国難民弁護団連絡会議に多数報告される――同会が改善求め法務省に申入書を提出 IWJ(2017年9月12日)
2017.9.1 難民審査参与員の問題発言がニュースで取り上げられました。
《参考》 「「美人だったから狙われた?」 難民審査で不適切な質問」朝日新聞(2017年9月1日更新);「難民審査 強姦被害者に「美人だから?」 弁護士が抗議」共同通信 via 毎日新聞(2017年8月31日)
  小田川綾音弁護士からの情報提供([zennanren 6768] 「美人だから」参与員、不適切発言 難民申請者にも
《関連》 2016年9月5日付け全難連「難民審査参与員の問題行動に係る抗議声明」難民審査参与員の問題行動に係る報告書  「声明/提言等」ページへ
2017.7.28 法務省入国管理局より「難民認定制度運用の見直し状況に関する検証結果についてが発表されました。
2017.6.13 名古屋高裁で2016年に難民不認定処分の取消が確定した2件について、法務大臣により再び難民不認定処分がとされました。
《参考》 「難民 判決の2人不認定 ネパール「治安状況改善された」 名古屋入管」 毎日新聞(2017年6月14日);「難民2人、再び不認定 法務省、名古屋高裁判決覆す」 中日新聞(2017年6月14日)
2017.6.11 異議審で2013年から2016年までに難民審査参与員の全員又は多数が難民認定意見を出した31件のうち、約4割の13件について法務大臣により難民と認めない判断がされていることが報道されました。
《参考》 「難民「相当」を4割不認定 法相、有識者審査「尊重」せず」 東京新聞(2017年6月11日)
2017.6.1 「出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令」が施行されました。難民認定の権限が地方入国管理局長に委任され、再申請用の難民申請書が新設されました。
《参考》 平成29年5月16日付け法務省管総第2040号法務省入国管理局長通達「難民認定事務取扱要領の一部改正について」(会員ページ)
  平成29年5月30日付け法務省管審第965号法務省入国管理局長通達「難民審査請求事務取扱要領の一部改正について」(会員ページ)
2017.5.26 東アフリカの国出身の難民について、異議審で難民認定の告知がありました。 
2017.5 法務省ウェブ上に新たに出身国情報訳文がアップされました。
2017.5.1 「出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令」が公布されました。 参照:「出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令案」に係る意見募集の結果について
2017.3.31 脆弱性のある難民申請者(親を伴わない未成年者等)の難民一次インタビューへの医師・弁護士等の立会いの試行が始まりました。
《参考》 平成29年3月31日付け法務省入国管理局総務課難民認定室長通知「親を伴わない年少者等に対して面接による事情聴取を行う際の立会いの試行について(通知)」(会員ページ)
  平成29年3月31日付け法務省入国管理局総務課難民認定室補佐官事務連絡「親を伴わない年少者等に対して面接による事情聴取を行う際の立会いの試行に関する難民認定申請者等への案内について(依頼)」(会員ページ)
 ◆ その他の「難民保護に関する主な動向」
 
 
 更新情報
 
 
会員専用ページへ
難民保護テーマ別資料
 
全難連へのご加入について
 全難連は,難民を支援する弁護士のネットワーク団体です。弁護士等からの会費により運営されています。全難連への加入をご希望される方は,氏名・所属・E-MAILアドレスを添えて,《全難連事務局》までお申込みください。全難連加入についての詳細は、「全難連とは」ページをご参照ください。
 
 
 
難民とは 全難連とは お問い合わせ リンク
zennanren since 1997
難民法
国会関連
統  計
国情報
判  決
Japan Lawyers Network for Refugees
声明/提言等
難民ニュース
全国難民弁護団連絡会議
JLNR