お知らせ 
2018.10.13開催 全難連総会2018名古屋を開催します。講演会・報告会及び/又は懇親会への会員以外の参加を歓迎します。希望される方は事務局までご連絡下さい。
日時:10月13日(土) 13:15~16:55(13:00開場)
場所:ウィンクあいち1110号室(11階)(名古屋駅徒歩5分)
内容(予定):
1. 基調講演「難民支援の現場で直面する問題&カナダ報告」 駒井知会弁護士
2-1. 裁判で直面する問題:判決報告(スリランカ・タミル、イラン・反政府活動、中国・法輪功、エチオピア・反政府活動、バングラ・ジュマ、シリア集団訴訟)
2-2. 行政手続で直面する問題:事例報告(認定事例、弁護団報告等)
3. 総会(30分程度)
4. 懇親会(17:15頃~)
2018.10.10 全難連より「法務省発表「難民認定制度の運用の更なる見直し後の状況について」に対する抗議声明」を発表しました。 「声明/提言等」ページへ
2018.10.10 全難連より「入管法改正及び法務省設置法改正に当たっての要望書」を出しました。 「声明/提言等」ページへ
2018.7.5 当会代表の渡邉彰悟弁護士のコメントが弁護士ドットコムやNHKなどで報道されました。 (記事) 「裁判で勝っても「難民不認定」となったスリランカ人、再び勝訴…東京地裁、認定命じる」弁護士ドットコム(2018年7月5日);「難民認定を義務づけ 異例の判決」NHK(2018年7月5日)
2018.7.4 当会世話人の大橋毅弁護士のコメントがNHKハートネットTVで放映されました。 (放映)「外国人とニッポン 第2回「故郷を追われて 難民はいま」NHKハートネットTV(2018年7月4日)
2018.6.30 全難連のコメントが朝日新聞の記事に掲載されました。 (記事)「 「私は難民」勝訴確定でも不認定 タミル人男性再び提訴」朝日新聞(2018年6月30日)
2018.6.20 当会世話人の児玉晃一弁護士がAbemaTVに出演しました。 (映像)「世界難民の日! 日本は年間20人... 過酷な入管事情とは?」 AbemaTV(2018年6月20日);(記事)「申請1万9000人に対して認定は20人 日本の入管が認めない背景に"偽装難民"?」 AbemaTIMES via BLOGOS(2018年6月20日)
2018.5.28 当会世話人の児玉晃一弁護士のコメントが毎日新聞の記事に掲載されました。(特集ワイド)入管収容施設で何が 外国人収容者、相次ぐ自殺未遂 人権軽視の入管行政 拘束、仮放免 独自で判断 毎日新聞(2018年5月28日・夕刊)
2018.5.21 当会世話人の空野佳弘弁護士と高橋済弁護士のコメントが毎日新聞の記事に掲載されました。「入管施設:収容長期化、歯止めなく 人道配慮求める声も」「不法滞在、長期収容急増 国、「仮放免」抑制」毎日新聞(2018年5月21日) 
2018.5.15 当会メンバーの本田麻奈弥弁護士のコメントが弁護士ドットコムの記事に掲載されました。「入管収容のトルコ人、痛み訴えるも「1カ月」診療受けさせず…対応の違法性を考察」弁護士ドットコム(2018年5月15日) 
2018.4.25 当会世話人の児玉晃一弁護士のコメントが弁護士ドットコムの記事に掲載されました。「入管施設の死亡事案、2007年以降で13件 「収容者がモノ扱い」の批判も」弁護士ドットコム(2018年4月25日) 
2018.4.23 当会メンバーの駒井知会弁護士のコメントが東京新聞の記事に掲載されました。「収容中「診療1カ月放置」 東京入管、発症日虚偽記載か」東京新聞記事(2018年4月23日)
2018.3.21 当会代表の渡邉彰悟弁護士のコメントが弁護士ドットコムやBuzzFeedNewsなどの記事に掲載されました。「シリア人男性の難民訴訟、請求棄却…「日本で生きていくしかない」悔しさにじませる」弁護士ドットコム(2018年3月20日);「裁判所がシリア人の難民認定を退けた。では日本では、だれが「難民」なのか」BuzzFeedNews(2018年3月21日) 
◆ その他の「お知らせ」
 難民保護に関する主な動向
2018.7.5 東京地裁51部の難民不認定処分取消・義務付け等の請求訴訟で難民が勝訴しました。 「判決」ページへ  
2018.6.28 仮放免許可の運用等について、6月28日の参議院法務委員会で糸数慶子議員(沖縄の風)の質疑で取り上げられました。 「国会関連」ページへ  
2018.6.27 一次手続で難民認定の告知がありました。
2018.6.21 入管長期収容問題について九弁連が声明を出しました。  「大村入国管理センター等の長期収容者について仮放免等収容代替措置の活用による速やかな解放等を求める理事長声明」 九州弁護士連合会(2018年6月21日)
2018.6.19 一次手続で難民認定の告知がありました。
2018.5.16 難民審査参与員の構成が更新されました。 《参考》「難民審査参与員一覧(平成30年5月16日現在)」法務省ウェブ 
2018.5.16 入国管理局収容施設における被収容者の処遇について、5月9日と16日の衆議院法務委員会で藤野保史議員(日本共産党)の質疑で取り上げられました。 「国会関連」ページへ  
2018.5.15 入国管理局収容施設における被収容者の処遇について、5月15日の参議院法務委員会で有田芳生議員(立憲民主党)と糸数慶子議員(沖縄の風)の質疑でそれぞれ取り上げられました。 「国会関連」ページへ  
2018.5.10 難民認定3人 《参照》【プロボノ】当事務所が支援した申請者3名が難民認定を受けました TMI総合法律事務所ウェブ
2018.5.9 入国管理局収容施設における被収容者の処遇が、衆議院法務委員会で藤野保史議員(日本共産党)の質疑で取り上げられました。 「国会関連」ページへ  
 ◆ その他の「難民保護に関する主な動向」
 
 
 更新情報
 
 
会員専用ページへ
難民保護テーマ別資料
 
開示出身国情報ページ
 
難民保護テーマ別資料
 
全難連へのご加入について
 全難連は,難民を支援する弁護士のネットワーク団体です。弁護士等からの会費により運営されています。全難連への加入をご希望される方は,氏名・所属・E-MAILアドレスを添えて,《全難連事務局》までお申込みください。全難連加入についての詳細は、「全難連とは」ページをご参照ください。
 全難連メーリングリスト(無料)への参加のご案内
 全難連では,だれでも参加できる無料の一般メーリングリスト(全難連ML)を運営し,弁護士やNGO関係者,研究者,難民問題に興味を抱いている多方面の方々にご参加いただいて,難民問題に関する情報共有などを行っております。
 全難連MLへの参加を希望される方は,氏名・所属・E-MAILアドレスを添えて,《全難連事務局》までお申込みください。
 
 
 
 
難民とは 全難連とは お問い合わせ リンク
zennanren since 1997
難民法
国会関連
統  計
国情報
判  決
Japan Lawyers Network for Refugees
声明/提言等
難民ニュース
全国難民弁護団連絡会議
JLNR