国際社会(2013年6月28日)拷問等禁止委員会の総括所見(第2回)[CAT/C/JPN/CO/2]

拷問等禁止委員会の総括所見[CAT/C/JPN/CO/2](仮訳)[PDF](外部リンク:外務省)/原文英語(外部リンク:OHCHR)

発信者:拷問等禁止委員会

日付:2013年6月28

参考:声明/提言等セクショントップ (jlnr.jp)

▽ 抜粋

    B.肯定的要素
    B. Positive aspects
    
    
    
    5.委員会は,締約国によって講じられた以下の立法措置を歓迎する:
    5. The Committee welcomes the following legislative measures taken by the State party:
    
    (a) 2009年7月に発効した出入国管理及び難民認定法の改正;
    (a) The revision of the Immigration Control and Refugee Recognition Act, which came into effect in July 2009;
    
    
    
    6.委員会は,締約国によって講じられた以下の行政的及び他の措置を歓迎する:
    6. The Committee welcomes the following administrative and other measures taken by the State party:
    
    
    
    (c) 2010年7月の入国者収容所等視察委員会の新設;
    (c) The creation of the Immigration Detention Facilities Visiting Committee, in July 2010;
    
    
    ノン・ルフールマン原則と退去強制までの収容
    Non-refoulement and detention pending deportation
    
    9.委員会は,以下の事項について懸念を表明する:
    9. The Committee expresses its concern about:
    
    (a) 出入国管理及び難民認定法(入管法)に従って行われる退去強制命令の下,長期間の,ときには無期限の収容が庇護申請者に対して行われていること。また,そのような収容の決定に関する独立した審査が欠如していること;
    (a) The use of lengthy, and in some cases, indefinite detention for asylum seekers under a deportation order according to the Immigration Control and Refugee Recognition Act (ICRRA) as well as the lack of independent review of such detention decision;
    
    (b) 庇護申請者に対して,収容以外の手段がほとんど利用されていないこと;
    (b) The restrictive use of alternatives to detention for asylum seekers;
    
    (c) 入国者収容所等視察委員会に,その任務を果たすための資源と権限が不十分であること。また,法務省及び入国管理局によって同委員会委員が任命されていること;
    (c) The lack of resources and authority of the Immigration Detention Facilities Visiting Committee to effectively discharge its mandate, as well as the appointment of its members by the Ministry of Justice and the Immigration Bureau;
    
    (d) 同伴者のいない児童が,しばしば定員超過で,通訳者を確保するための資源が不足している児童相談所において保護されていること;
    (d) Detention of unaccompanied children in Child Consultation Centres, which are often overcrowded and lack resources for hiring interpreters;
    
    (e) 条約第 3 条に規定された,拷問される可能性のあるいかなる国への送還を禁止する入管法第53 条第 3 項の効果的な実施が欠如していること。
    (e) The lack of effective implementation of article 53(3) of the ICRRA, which prohibits the removal of a person to any country where he or she may be subject to torture, as proscribed in article 3 of the Convention (arts. 3, 11 and 16).
    
    委員会の前回の勧告(パラ 14),及び移民の人権に関する特別報告者が 2011 年に日本を訪問した際に行った勧告(A/HRC/17/33/Add.3, para. 82)に照らして,締約国は以下の事項を行うべきである:
    In light of the previous recommendations made by the Committee (para. 14) as well as by the Special Rapporteur on the human rights of migrants, following his mission to Japan in 2011 (A/HRC/17/33/Add.3, para. 82), the State party should:
    
    (a) 条約第 3 条の下のノン・ルフールマンの絶対的な原則に沿って,移民及び庇護申請者の収容と退去強制に関する全ての法令及び運用を行うよう引き続き努力すること;
    (a) Continue its efforts to bring all legislation and practices relating to the detention and deportation of immigrants or asylum seekers in line with the absolute principle of non-refoulement under article 3 of the Convention;
    
    (b) 庇護申請者の収容は最後の手段であり,必要な場合であっても可能な限り短い期間に留めること。また,退去強制までの収容に最長期間を設定すること;
    (b) Ensure that the detention of asylum seekers is only used as a last resort, and when necessary, for as short a period as possible, and introduce a maximum period of detention pending deportation;
    
    (c) 出入国管理及び難民認定法に定められているように,収容に代わる手段を利用すること;
    (c) Further utilize alternatives to detention as provided for in the Immigration Control and Refugee Recognition Act;
    
    (d) とりわけ,入国者収容所等視察委員会に対して,収容施設を効果的に監視するための十分な資源と権限を与え,収容されている移民又は庇護申請者からの不服申立てを受理し,審査できるようにするため,その独立性,権限及び有効性を強化すること;
    (d) Strengthen the independence, authority and effectiveness of the Immigration Detention Facilities Visiting Committee, inter alia, by providing appropriate resources and authority to ensure effective monitoring detention centres and allowing them to receive and review complaints from immigrants or asylum seekers in detention;
    
    (e) 無国籍の人々の地位に関する国連協定(1954 年)と無国籍の削減に関する条約(1961 年)への加入を検討すること。
    (e) Consider acceding to the 1954 Convention relating to the Status of Stateless Persons and the 1961 Convention on the Reduction of Stateless.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です